第60回記念紫雲書展で一般公募出品予定のみなさんへ

2020/03/15 3:38 に 事務局紫雲 が投稿   [ 2020/03/15 3:38 に更新しました ]
新型コロナウィルスの感染が止まらず、全世界が目に見えないウィルスと戦っています。紫雲書展60回という記念すべき展覧会の出品作品をより多く、より高いものにと計画していますが、3月29日の作品研究会は中止としました。今後の成りゆきが見通せず会場予約の都合もあり、延期はできません。つきましては、ご希望の会員の方には、添削をして、誤字、全体の体裁など、作品向上のお手伝いができればと思います。尚、研究会員も作品の作り方などご相談されたい方は送ってください。

添削希望の方は、下記希望の先生方に直接送って下さい。書体など違う全作品に対応いたします。
村井文香 〒166-0013杉並区堀ノ内3-30-9
飯田香雲 〒133-0056江戸川区南小岩5-18-4
飯田玉嶺 〒279-0012浦安市入船1-8-1-1101
高木悦舟 〒223-0051横浜市港北区箕輪町2-14-19-101

送り方
1.作品は自分で三枚選ぶ。
2.作品の詩文の原文(出典や漢詩題名や作者名、仮名短歌など)を楷書で書いたものを同封(コピー可)。草書や仮名も楷書でお願いいたします。
3.落款(雅号+雅印)を必ず入れる。
4.返信用封筒を同封。返信先住所(郵便番号必須)、氏名を書き入れ、切手(重さ分)を貼ったもの。
5.作品は、A4に入る程度、それより小さく折らないように、封筒はA4用封筒を使う。
6.質問などは、メモ書き(氏名と電話番号必須)にして同封する。
7.添削料は一回¥1,000(¥1,000分の切手同封)と致します。
8.添削は何回でも可能ですが、4月末までとします。