沿革

 昭和5年(1930)に藤田讃陽先生によって創設。藤田讃陽先生は明治26年(1893)香川県丸亀市生まれ。香川県女子師範学校等の教職を経て、昭和7年(1932)に上京し、文検(文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験の略称)の指導者となる。
 昭和38年(1963)、藤田先生没後は先生の教えを受けた布施鷹峯先生、大越雪堂先生、石澤康仲先生が会長として引き継いだ。布施鷹峯先生は、山脇学園の教師として書道の指導にあたった。
 大越雪堂先生は、三鷹市や武蔵野市などで公立中学校の校長先生をつとめる傍ら書道の指導や和歌の指導にあたった。
 石澤康仲先生は、山脇学園の教師として書道の指導にあたった。平成17年(2005)には、二玄社より「四体条幅手本 上・下」を出版。
 平成24年(2012)、5代目会長として神野薫苑先生が就任。神野薫苑先生は、藤田讃陽先生の指導を受けた飯野紫香先生の弟子である。神野薫苑先生は、立教女学院にて教師として書道の指導にあたった。


故藤田讃陽先生について

戦後、学制が変わると、藤田讃陽先生は東京書籍発行の小中学校用の検定教科書の筆者となる。先生の書風によることはもちろんであるが、かつて指導を受けた文検合格者が、全国各地の中心的な指導者となっていたことも幸いして東京書籍は圧倒的な発行部数を占めた。昭和23年の東京書籍発行「書写」の検定教科書数は、小学校600万冊、中学校70万冊であり、日本一の出版数であった。

日本女子大学、東洋大学の書道講師として指導に当たるかたわら、全国各地の教師を対象とした講習会のため寧日のない活躍であった。先生は紫雲書道会の創設会長としてだけではなく、日本書道連盟理事、日本書道美術院理事、社団法人全日本書道教育協会理事長、回潤会理事長も務めた。

晩年になってから先生は土曜日の午後と日曜日の午前を自宅での稽古に当てていた。この門下生が中心になって、昭和37年に、銀座画廊(現在のセントラル美術館、セントラルミュージアム銀座)で第1回紫雲展を開催した。

先生の信念
名利の為に節を屈せず、健康に注意
人生70年古来稀なり
宇宙の大生命に帰一 不生不滅
天分を全うする・・・感謝 感謝

昭和38年4月8日永眠(70歳)